むし歯治療

むし歯の治療について

むし歯の治療は早期発見・早期治療が大切です。そのためにも、前からの定期的な検診と歯のクリーニングなどで歯科医院を受診されることが大切です。

C0

表面白っぽく、脱灰した初期虫歯

この段階では削らずに、フッ素やシーラントで様子をみます。

C1

エナメル質の部分がむし歯になっている

むし歯だけを取り、コンポジットレジンで治療します。

C2

むし歯が象牙質に達している

コンポジレットレジンやインレーで治療します。

C3

むし歯が歯髄に達している

虫歯を取り除き、歯髄(神経)をとる根管治療が必要です。

C4

根っこを残して歯が溶けている

ほとんどの場合、抜歯となります。

C0の治療

正しい歯磨きで健康な歯に戻します。

  • ブラッシング指導により正しい歯磨きを習慣づけて頂きます。
  • あらかじめ溝は樹脂で塞ぐ(予備充填)
  • 定期観察し、虫歯の進行を確認します

C1の治療(エナメル質までのむし歯)

正しい歯磨きで健康な歯に戻します。

  • ブラッシング指導により正しい歯磨きを習慣づけて頂きます。
  • あらかじめ溝は樹脂で塞ぐ(予備充填)
  • 定期観察し、虫歯の進行を確認します

C2の治療(象牙質まで達したむし歯)

正しい歯磨きで健康な歯に戻します。

  • むし歯になっている箇所は完全に取り除く
  • 歯髄を保護するために薬を詰める
  • 詰め物がしやすいように歯の形を整える
  • 詰め物を歯に固定する

C3の治療(歯髄腔まで達したむし歯)

歯髄を取り除き、歯の中を消毒し、歯髄の出入り口までを完全に塞ぎ、歯と根の内側と外側を遮断する

C4の治療

残念ながらここまで悪化してしまうと抜歯となります。

つめる治療

軽度なむし歯であれば、むし歯部分のみ削り、消毒とお薬を詰めます。日数もそんなに掛かりません。

かぶせる治療

大きな虫歯になるとむし歯部分を削り、その上に土台を製作します。最後に被せ物をしたら治療完了となります。虫歯の進行が進んでいた場合は神経を除去することがあります。大きな虫歯になってしまうと、段階ごとに治療を行うため、日数もかかってしまいます。

むし歯と砂糖の関係性

むし歯になる最大の原因は、むし歯菌が飲食物を利用して酸を作り、歯を溶かすことによりむし歯となります。そして、砂糖は3つの方法によってむし歯菌の活動を手助けしてしまっております。1つはむし歯菌は砂糖を原料とし、歯垢を作り、そこに住み着きます。

歯と歯茎の間に白いのりのようなものがありませんか?それが歯垢です。2つめはその作り出した歯垢の中で砂糖を栄養源として増殖します。3つめは砂糖を酸に変えて歯を溶かし穴を開け、むし歯を作り上げてしまうのです。

そのおやつは大丈夫ですか?

毎日お子様に出しているおやつの糖分は大丈夫ですか?毎日食べているおやつでもものによってはむし歯になりやすかったり、なりにくかったりします。糖分が多く含まれているもの、口の中に長い間入れるもの、カスが口に残りやすいものには要注意です。

比較的安全なおやつ

  • りんご
  • 麦茶
  • 牛乳
  • せんべい
  • ポテトチップス
  • チーズ
  • アイス
  • アンパン
  • プリン
  • キャンディ
  • チョコレート
  • ケーキ
  • キャラメル
  • コーラ
  • カステラ

虫歯になりやすいおやつ

ページトップへ