小児科

小児歯科一般歯科の違い

小児歯科は治療を目的とした一般歯科とは違い、それに加え、むし歯にならないための予防に努め、最終的に綺麗な永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目的にしています。よく、乳歯はどうせ生え変わるから、むし歯になってもそのまま放っておいても大丈夫と考えている方がいらっしゃいます。しかし、これは大きな間違いで乳歯の時にできてしまったむし歯をしっかり治さないと、丈夫な永久歯は生えてこないのです。また、永久歯が生えてきてからの歯並びにも大きく影響します。ですからお子様の頃からしっかりと治療・予防を行うことはとても重要な事なのです。

乳歯の3つの特徴

乳歯は永久歯とは異なるため、一般歯科とはまた違う配慮や治療が必要となります。

その1 乳歯は弱い歯
永久歯は一生使う歯ですが、乳歯は生え変わるため、永久歯に比べて構造が簡単です。そのため、むし歯にもなりやすい歯です。
その2 乳歯は生え変わる
乳歯は生え変わるので、一生持たせるための治療をする必要はありません。すなわち永久歯とは治療方法が異なります。永久歯のようにしっかり削る必要がなければ、詰め物も変わってきます。
その3 乳歯は永久歯が綺麗に生えるため の隙間を確保してくれる
乳歯は下から生えてくる永久歯のためのスペースを確保しているので乳歯を早くに損失すると永久歯が綺麗に並ぶことが出来なくなってしまいます。

歯磨きに困ってはおりませんか?

お子様のお口をむし歯などから守るためにも歯磨きは一番重要です。しかし、お子様の歯磨きの仕上げなどをされるときに、暴れたりして上手く磨くことができなかったり、上手い仕上げの仕方がわからなかったりすることがあるかと思います。そして、幼稚園や小学校に行くようになれば、いつまでもお母様が磨いてあげるわけにも行かなくなります。そのため、お子様にしっかりと正しい歯磨きを教えるというのはとても大切です。なので当クリニックでは、お子様に正しい歯磨きの指導を行っておりますので、お気軽にお尋ねください。

歯医者嫌いにならないように

歯医者さんが苦手だというお子様が多いかと思われます。そして大人の方でも歯医者が苦手だという方が多いと思います。それは、お子様の頃の嫌な思い出などが原因ではないでしょうか?歯科医院というのは、多くの方が幼い時期に出会うものですが、その時の先生や治療の印象がその後の歯医者へのイメージになるものです。子供の頃に怖いものというイメージが付いてしまえば、その後の治療や大人になってからもなかなか足を運びづらくなってしまいます。そうすると、むし歯が出来た時にも痛みが本当に酷くなるまで放置してしまいがちで、将来歯を失ってしまう要因になってしまうのです。そうならないように、当クリニックでは、お子様に歯医者は怖くないところだと少しでも思っていただけるような雰囲気づくりと診療を心がけております。

子供の頃からの予防で、ずっと健康に!

将来にわたって、お子様のお口の健康を守るためにも、予防や治療をしっかり行うことがとても重要です。また、子供の頃から歯医者に定期的に通う習慣が付いていれば、歯医者へ行く抵抗もなくなるため、自分の歯に対する意識も上がり、大人になってからも自分の歯を大切にしようと思えるようになります。

「子供のお口の健康を守りたい」
「歯医者嫌いになってほしくない」
「将来も健康的であって欲しい」

とお考えのお父様、お母様は、ぜひご来院下さい。

ページトップへ