予防歯科

予防歯科について

お口の健康は、体の健康に直結しています。お口と体の健康を維持させることを目的としているのが予防歯科です。むし歯や歯周病を早期発見することで、お口の中の健康だけではなく全身の健康を守ることにも繋がります。

欠損の始まりはむし歯・歯周病から

むし歯や歯周病をそのまま放置していると、いずれ歯を失うことになります。ですが、たった1本抜けたくらい…と思われてはいませんか?しかし、その1本が、全身の健康を脅かす「欠損ドミノ」のスタートを切ってしまうことになります。

欠損ドミノとは?

欠損ドミノとは、1本の歯を失うことによってドミノの様に次から次へとお口の環境が悪化してしまい、さらに全身の健康にも様々な支障が発生してしまう悪循環のことをいいます。欠損ドミノは、次のような段階を踏んで徐々に進行していきます。

1段階:1本の歯を失う
むし歯や歯周病の影響で歯を1本失う。
失ってしまった場所は、部分入れ歯かブリッジなどの治療を行う。
2段階:複数の歯を失う
部分入れ歯やブリッジによって、周りの健康な歯に負担がかかり、複数の歯が失われてしまう。
3段階:多くの歯を失う
かみ合わせが段々と乱れていき、お口の環境のさらなる悪化によって、多くの歯が失われる。

噛むことができなくなり、生活習慣病
さまざまな全身疾患を招いてしまう

歯の欠損が身体に与える影響

STAGE1
骨吸収、歯骨破損、
第一大臼歯抜歯、第二大臼歯抜歯
STAGE2
支台歯、咀嚼素側歯、
上顎前歯欠損、多数歯欠損
STAGE3
肥満、認知症、動脈硬化症、
脳卒中、心不全

噛むということは、食べ物の消化を助けたり、脳への刺激を与えたりする働きをしてくれる大変重要な行動です。「歯が痛い」「歯がグラグラする」「歯がない」などといった理由から噛むことが出来なくなってしまうと、柔らかい食べ物ばかりを好んで食べてしまったり、噛まずに飲んでしまったりしてしまいます。最悪の場合は、食べ物を食べることが出来なくなってしまいます。食事という重要な生活習慣が乱れてしまうと、肥満や糖尿病、高血圧などの症状から、後には心筋梗塞や脳卒中、認知症などの取り返しの付かない病気を招いてしまうこともあります。1本の歯を失うということは、まさにドミノ倒しのように次々と様々な健康に影響していくのです。生涯にわたり、健康でいるためには、日々の予防を心がけて、むし歯や歯周病にならないというのがとても重要なことだといえます。健康でいるためには、日々の予防を心がけて、むし歯や歯周病にならないというのがとても重要なことだといえます。

欠損ドミノを発生させないためにも

欠損ドミノを避けるためには、歯を失わないことが最も大切です。そして歯を失わないためには、むし歯や歯周病にかからない、もしくは早期の発見・治療が必要で、それが出来るのが予防歯科です。定期的にメンテナンスを行い、常に健康な口腔内を保つことで将来の健康にも繋がります。ぜひ、定期的な検診をおすすめしております。

こばやし歯科の定期検診

お口の健康アイテム”ConCool”

30歳以上の日本人の約8割は歯周病と診断されています。歯周病は、歯周病菌が感染することで、歯茎が傷んだり、腫れたり、血が出たりしてしまう症状で、最終的には歯を支えている土台の骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまいます。そんな歯周病にかからないためにも、お口のケアは欠かせないものとなります。

ConCoolは、むし歯の発生や進行の予防、歯周病の予防、口臭の防止などの効果があります。ピリピリした辛さがなく、お口に優しいものとなっております。

予防に効く3つの特長

  1. 殺菌効果が高い
    高い殺菌能力を持っていて、約12時間と効果が長続きします。
  2. お口に優しい
    マウスウォッシュのようなピリピリ感が少なく、後味がスッキリします。
  3. 濃縮タイプ
    薄めるタイプなので、患者様の状況に合わせて濃さを調節できます。

ページトップへ