旭川市にあるこばやし歯科クリニックです。むし歯の治療から義歯・入れ歯なども取り扱っております。

〒078-8234旭川市豊岡4条10丁目4-20
アクセス旭川電気軌道 豊岡・神居線 93、94、97、98番
バス停「豊岡4条10丁目」 徒歩2分
駐車場 あり
診療時間平日9:30~12:30 / 14:30~19:00
水曜日 9:30〜12:30まで・木曜日17:00まで
土曜日9:00〜12:30まで ※日祝休診

当院は電話予約制になります

0166-37-2155

※「ホームページ見た」とお伝えください

義歯・入れ歯について

診療内容

義歯・入れ歯について

失ってしまった歯を補うには義歯やブリッジなどの治療方法があり、その中の1つである、義歯は手入れが面倒、周囲の健康な歯に負担をかける可能性があったりといった欠点がありますが、インプラントに比べて手術不要で簡単に扱えるという利点があります。総入れ歯の場合は、歯肉全体で歯を支える事が可能ですし、入れ歯でしか回復できない機能などもあります。それでもやはりお口に物を入れるということは変わりないので違和感は感じますし、見た目が気になるという方もいらっしゃるかと思われます。ですが、現在の医療の進歩から、より快適で、異物感の少ない素材を使用し審美性も兼ね備えたものが出てきています。

入れ歯の必要性

歯を失うと、お口の問題だけではなく、普段の生活にも影響を及ぼします。失われてしまった歯を修復することにより、あらゆる機能を促進し、低下を防止することが出来ます。

  • その1 老化への影響

    口は「噛む」「飲む」「話す」といった人間の根本的欲求を司っている器官です。歯を失い、この器官が低下すると、老化のスピードが著しく加速します。老化は、口腔機能だけではなく、脳や筋肉といった部分にも影響し、体に大きく負担をかけてしまいます。

  • その2 脳の活性化

    脳は驚くほどの割合でエネルギーを消費し、他の細胞と比べ、多くのエネルギーを必要としています。噛むという動作は、エネルギーを送る大事な役割を担い、脳の働きを活性化し、認知症の予防にも役立つと考えられています。また、噛むことにより、顔周りの筋肉が活発に動き、脳に十分な酸素と栄養が送られるため、体温が上昇し、代謝を活発にします。

スウェーデンでは、90%もの方が定期検診・医院でのクリーニングを受けている方がいらっしゃいます。定期的なケアを行うだけで、80歳以上の方でも20本以残っているというデータがあります。将来ずっと自分の歯で楽しく美味しく食事ができるというのは、大変素敵なことです。いつまでも楽しく会話ができるように、定期的な検診を行い、歯の欠損を防ぎましょう。

入れ歯の選択

入れ歯の治療を始める前に、保険診療で受けるか、保険外の実費診療で受けるかを選択していただきます。どちらが適しているかは、患者様が求められるものによって異なります。それぞれの特徴を理解し、自分にあった入れ歯選びを行いましょう。

クラスプを使用せず、目立たない入れ歯

ノンクラスプデンチャー

一般的な入れ歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床、それらを固定するためのクラスプと言われる留め具からなります。ノンクラスプデンチャーは、その留め具がなく、義歯床の範囲を広げて歯茎を覆うことで固定するので、入れ歯をつけていることが他人に気づかれにくくなっています。また、外れたりずれたりすることが軽減されることや、残っている歯へ負担を減らすことが出来ます。

保険の入れ歯

ノンクラスプデンチャーの利点

・樹脂の弾性を利用して装着するため、歯に固定するためのクラスプ(金具、バネ)が不要
・歯肉の色に近い樹脂で出来ているため、審美性が高く、装着しているのがわかりにくい
・弾性の強い樹脂を使用しているので、壊れにくく、一般的な樹脂の部分入れ歯よりも薄く作って違和感を軽減することが出来る。うえに、かみ合わせの負担が軽減されるため、クラスプで固定源の歯を傷つける心配がいりません。

バネのない入れ歯

ノンクラスプデンチャーの欠点

・適用できる症例に制限があるため、残存歯が少ない場合は使用できないことがあります。
・素材自体の寿命が短いため、2~3年程度で作りなおしをする必要がある。
・破損した場合は、補修できない素材のため、新しく作りなおす必要がある
・特殊な樹脂で出来ているため、市販されている洗剤ではなく、専用の洗剤を使用する必要がある。

保険適用の入れ歯

歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の勝の素材はどちらもプラスチックで出来ていて、部分入れ歯に使用されるクラスプは金属です。床は一定の厚みが必要になっております。

保険の入れ歯の利点

・保険適用なので、費用負担を抑えられる。
・素材がプラスチックなので、破損しても修理がしやすい

保険の入れ歯の利点

・保険適用なので、費用負担を抑えられる。
・素材がプラスチックなので、破損しても修理がしやすい

Copyright (C) kobayashi dental clinic. All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ